誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

グルメ

横浜の地に根付いて46年。駅前立ち食いそば屋【きそば鈴一】で、わかめそばをいただいちゃいました。

更新日:

ちょっと肌寒い日に小腹がすけば、出汁のいい香りは、魔法の香り。
目の前を通れば、すっと立ち寄りたくなる。それが立喰いそば屋だ。

ここ、きそば鈴一は横浜の地に根付いて46年。私が生まれる前から存在する。
相鉄線の改札から歩いて0分。JRの改札からも歩いて1分。という立地条件にもかかわらず、再開発の波に揉まれず、地元に根づいた立喰い蕎麦屋だ。横浜に来たことがある人なら一度は観たことがあるかもしれない。

お店は5、6人も並べばいっぱいになる、極小立喰い蕎麦屋。ちょっと待ってから、なんていったら、一生食えないとは言わないが、後から後から人が押し寄せる人気店だ。待っていたらいつ食べられるかわからない。
そこで常連さんは席が開くのを待たない。そう、どんぶりを持って通路で食べてしまうのだ(大笑
もちろん食べ終わったどんぶりは、お店に返すことは前提だが、店内で食べなくても許されてしまう。はじめてこの光景を観た人は異常に映るかもしれない。
だって、まだこの日本に路上でしかもテーブルもなくご飯を食べている人がいるのだから(笑

この日はちょうど店内が空いていたのでお店の中でいただくことに。
食券制。2台中1台は、スイカやパスモも利用できる機械も併設されている。

この日はわかめそばをチョイス。

オペレーターのお姉さまが、市販のゆで蕎麦を数秒温め、濃い目のアツアツ出汁をかけ、トッピングのわかめをのせてくれる。出てくるまで15秒といったところだろう。

アツアツの出汁を口から軽く流し込めば、この時期はとくに五臓六腑に染み渡る。
この瞬間、生まれてきてよかったなと思うが、数秒後には忘れるのだから、私もいい加減なものだ。(大笑

まだ解れきっていない蕎麦を、箸でかき混ぜ解し、最後に一味をかける。
そこからは一気に蕎麦を駆け込む。この時期特に立喰い蕎麦は最高のファストフードだ。

ご馳走様でした。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-グルメ
-, , ,

Copyright© アイデアブログ , 2020 All Rights Reserved.