誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

【増補改訂版】インバウンドマーケティング ブライアン・ハンガリ,ダーメッシュ・シャア 著 読書感想文

投稿日:

これからの時代、商品を売るのに巨額な予算を投じて自社製品を宣伝するのではなく、お客様の方から見つけ出してもらう、そんな活動が重要になってくる。

なってくるというよりは、すでになっていると言った方が正解だ。

理由は説明するまでもないが、あえて言うならばインターネットが社会に根付いたから。

人目のつく場所に広告を出し、不特定多数の消費者にリーチし商品を売り込んでいた、マス・マーケティング時代は、予算によって成果に優越がついたといっても過言ではないだろう。

しかし本来、物(サービス含む)を買うとき、人は売り込まれて買うよりは、自らのタイミングで買いたいと思っている。

なぜなら、必要なときに買うことが一番心地良いことを知っているからだ。

そして私達は、その心地良さを自ら探し当てるツールを手に入れてしまっている。

企業もこのツールを無視はできない。

企業も、マス・マーケティングから顧客を呼び込むインバウンドマーケティングにシフトしなければ、生き残っていけないことは気づいている。

著書ではこれから生き残るためのインバウンドマーケティングの具体的な方法が書かれている。

もし何かビジネスをされているのであれば、一読する価値は十分にある本だといえる。

折角なので少しだけ中身を紹介してみたいと思う。

会社案内のホームページはもう要らない

あなたの会社のホームページはどのようなものか。

見場がよく、デザインに凝った素敵な会社案内になってはいないだろうか。

ネットを駆使してホームページにたどり着いた人は、デザインに凝ったあなたの会社案内が観たいのではない。

自らが困っている課題を解決してくれる会社なのか、商品なのかを知りたくて訪れているのだ。

企業ホームページは、シンプルでかつすぐに知りたい情報が分かるサイトがベストだと著者はいっている。また情報を更新するためにも自ら(社員)が情報を公開できることが望ましいともいっている。

わかりやすく言うと、きれいに作りました。はい。終わりというホームページでも駄目ということ。

SNSの重要性

多くの人は検索エンジンを経てあなたの会社のページに辿り着く。しかし今は検索エンジンだけでなくSNSからもホームページに辿り着く人もいるだろう。

SNSサービスの多くは無料で使用でき、消費者と直接コンタクト(お客様の声)をとることができる仕組みになっている。ホームページだけではなくSNSと連帯させることがインバウンドマーケティングでは重要だと著者は言っている。

またSNSのアカウント名は、消費者に認知されやすいよう、ドメイン(ホームページ)と同じ方が良いとのことだ。

問い合わせフォームはシンプルなほどよい。

ホームページの問い合わせフォームまで辿り着いた人は、優良な顧客候補者になるだろう。

その優良な顧客候補者を絶対に逃してはいけない。

そのためには問い合わせフォームで沢山の情報を入力させるという行為は辞めた方がよい。
なぜなら質問項目が多いと途中で嫌になりページから離脱されてしまうからだ。

またプライバシポリシーをしっかり明記する。これは入力者に不安を払拭させるためだ。

簡単そうにみえるが、ホームページの問い合わせフォームこそ、適当に作ってはいけないと著者はいっている。

まとめ

当たり前のことを書いているように思うが、それを実践できてこそのインバウンドマーケティングだ。

おそらくここに書かれていることを実践できている会社は少ないだろう。

もちろん全てが正しく、行う必要性はないが、この手の手法を学ぶと継続よりもすぐにテクニックだけに走ってしまうので失敗するのだろう。

わたしも今更Twitterを使っているが、これがなかなか毎日続かない。(つぶやけない)

慣れも必要だとは思うのだが、継続できるようにTwitterも頑張りたいとおもう。

少なくともブログだけはちょっと続いているので、引き続き皆様よろしくお願い致します。

どうぞインバウンドマーケティング興味がある人は読んでみてください。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-
-,

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.