誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

アプリ

Push7を登録してWordPressでプッシュ通知する方法【WordPress設定編】

投稿日:

スポンサーリンク

koukoudate1


先日Push7を登録したお話をしましたが、まだ登録していない人のために登録方法をまとめときます。
今日はWordpress設定編

の2回に分けてご報告したいと思います。

WordPress側の設定

公式プラグインのインストール

WordPressのプラグインのタブを開いて、【Push7】を検索します

▼Push7 検索結果

Push7のプラグインが見つかったら、【今すぐインストール】をクリックしてインストールします。
Push7がインストールされたかは、プラグインのタブで確認します。

▼Push7がインストールされたか確認の画面。

次は設定のボタンをクリックして、設定に必要なキーデータを確認します。
設定のボタンを押して画面を切り替えます。

▼APPNO,APIKYEの確認。

設定の画面をクリックすると詳細な画面がでてきます。ここで重要なのは、APPNO,APIKYEの二つ。これをメモ帳などに貼り付けておいてください。
この画面ではあえてキーデータを削除しておりますが、通常は英数字が表示されています。
それ以外のところはそのままのチェックでOKです。

WordPress側の設定はここまで。

Push7のサイトに戻る

Push7のサイトに戻ります。
Push7にログインすると、先程つくったアプリケーション(情報を発信するサイトの設定)があります。

▼アプリケーションのTOP画面

自動送信をクリックすると画面が変わります。
ここで先程の、APPNO,APIKYEのデータを入力または貼り付けをします。

▼APPNO,APIKYE入力画面

設定は終わりです。

これで、Push7とWordPressの両方の設定がおわりました。

Push通信するかしないか選べます

あとはWordPressで記事を書くときに、Push通知するかしないかも選べます。
修正したときも通知がONになっていると、都度Push通知がされてしまうので
読者にとっては嬉しくないですね。この辺は運用でカバーしてください。

WordPressでPush7設置後、Push7のBOXは下にありますので、公開BOXの下に配置するとPush通知する、しないを使い分けるときに便利です。

▼Wordpressの画面

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-アプリ
-,

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.