誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

あったら

あるボタンがなくなる。レジスタのお話

投稿日:

コンビニのレジからあのボタンがなくなったワケ : 深読み : 読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20180717-OYT8T50002/

客層を選ぶボタンをなくしたそうだ

コンビニでバイトしたことはないが学生時代に食べ物屋でバイトしていたことがあるが、やっぱり客層を選ぶボタンは当時からあった。

本部の人がデータを活用するのに使っていたみたいだが、忙しかったり、めんどくさいと適当に押していた。

他の人も似たり寄ったりなのでそれほどデータの正確性があったのかは定かではない。

本部にも書いてあったが

50代以上男性という括りでデータを取ったところで

50歳のサラリーマンと
75歳の年金暮らしの人では

同じカテゴリにするのは意味があるのだろうか w

ということだ。

逆に年代を合わせたところで

所得に応じて買い物をする考えも違うだろう。

もっと言ってしまえば、家庭を持っている、持っていない。などでも変わるだろう。

生活スタイルが多様化している現代では

年齢と性別だけで区分けするには無理があるのかもしれない。

それこそ自動認識で年齢や性別、来店のリピート率など瞬時に分かるシステムがあれば活用されるかもしれない。

実際旅館などでは過去のデータを活用している旅館が流行っていたりする。

コンビニではちょっと難しいかもしれないが、居酒屋あたりなら、来店時自動認識して、相手の好みを表示できるなら使えるかもしれない。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-あったら

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.