誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

コラム

ペットボトルコーヒー

投稿日:

技術の進歩か、消費者の利便性か、またはメーカーの思惑か。

ペットボトルのコーヒーの販売が目立っている。

言われてみれば、そうだねと気づくと思うが、今更感は強いだろう。

缶に比べてボトルの良い点は、一度に飲みきらなくても蓋をして持ち歩けること。飲み終わればその場で捨てられるという手軽さだ。

水やお茶、清涼飲料水の販売形態がペットボトルに変わったことをみれば、消費者ニーズにマッチしていることは言うまでもない。

しかしコーヒーはずっと缶(180ml~200mlサイズ)を貫いて来たが、消費者ニーズには逆らえず、近年缶ボトル(350ml~500mlサイズ)を採用したのは記憶に新しいところだろう。

だったらそのままでも良いのではないかという思いもあるが、缶ボトルは製造コストがペットボトルに比べて高いのだ。

つまりできれば、缶のまま売りたいが、ニーズに合わせて缶ボトルにしたら原価が上がっちゃった。という本末顛倒の結果に繋がるわけです。

このままではメーカーの利益が減ってしまう。ということで伝家の宝刀、ペットボトル入のコーヒーに踏み切ったと予想する。つまりペットボトルコーヒーの誕生はメーカー側の思惑だ。

でも缶コーヒーを好きな人と、コーヒーを好きな人の嗜好って違うと思うんですよね。

缶コーヒーは、ちょっと甘くもあり、苦くもあり。
そんなアンバランスの飲料を、180mlという、一度にちょうど飲み干せてしまうサイズであるから、朝の通勤の一本とか、仕事の合間に好まれて飲むのであって、ペットボトルで500mlも入りますかね。

しかも本当のコーヒー好きは、缶コーヒーのブラックですら飲まないですよね。

やっぱり匂いが気になるとか。コーヒーはスタバだぜ・・・みたいな人はいないか・・・

でも、ドトールだぜ・・・みたいな人はいますよね。

それを思うと量を増やした500mlのペットボトル無糖コーヒーって勝算はあるのかと疑ってしまう。

まだまだ結果は見えないが、数年後、コーヒーのマーケットのポジションが変わっていたら、コンビニ100円コーヒーは紛れなもなく、イノベーションを起こしたと言えだろう。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-コラム

Copyright© アイデアブログ , 2020 All Rights Reserved.