誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

コラム

スイッチの入れ方、コンチクショーよりもワァ~の方が長続きするよ。

投稿日:

スポンサーリンク

koukoudate1

「やる気スイッチ、君のはどこにあるんだろう」

これ塾のコマーシャルのキャッチフレーズ。

さて皆さんのスイッチはどこにあるのでしょうか。

やりたいと思っていることを行動に移せない場合はよくあります。

わたしも例外ではありません。でもこれって、感情の問題ではないかなと思います。

一歩踏み出す勇気なんてことも言われてますが、なぜその一歩踏み出す勇気が持てず、継続することができないのか。実例を交えて考えてみました。

あなたのまわりにもいません。
「俺会社辞めて転職する。独立する。」なんて常に言う人。

私は、じゃ「転職エージェントに頼めば」とか、「何処行きたいの」そこの業界ならいま募集しているから、ここから申し込んじゃなよと、募集のHPのアドレスを教えてあげます。後ろからそっと蹴っ飛ばしてやるのです。辞めたいなら辞めればって。(笑

だって大抵辞めません。皆、安住の地が大好きだから。

この辞めると言って辞めない人を観察してみました。

そうすると一つの共通点が見えてきます。

それは一時的な感情。特に怒り。
「もうこんな上司と付き合ってられね。」「部下がムカつく」「仕事がつまんない」

つまり、心の中で、コンチキショー、やってやれないぜって感覚が芽生えるです。

しかし、特に瞬間的な怒りは6秒も我慢すればピークを過ぎて行き、怒りに継続性がないと最近言われています。

つまり、怒りは何かを変化させるスイッチには不向きです。

じゃ、どの感情スイッチを入れると行動に移すことができるのか。

私は相手を驚かせてやろうという、ハッピーパワーのスイッチだと思う。

こっちの方が行動に移せます。

例えばダイエット。

振られた原因が、太っているからと思った人が、ダイエットを継続し成功するプロセスの場合

これだけ聞くと、あいつも見返したい。怒りスイッチだと思いますよね。

でも根底にあるのは、痩せた姿をあいつに見せつけて驚かしてやりたい。こっちだと思うんです。

そうそう怒りよりも相手を驚かせてやりたいという感じ。

どうだ私だって変われるという、相手に見せつけたい願望がないとこの場合はダイエットは成功しない。

つまり前者の怒りだけだと、1週間後には、まぁいいか、あいつにもう合わないしと、ダイエットは成功しない。

もちろん、痩せたからといってその人が振り向かないことは言うまでもないことは付け加えておきますが・・・

だって振られた原因は、太っていることだけが原因ではないから(笑

怒りに任せるより、いっちょあいつを驚かせてやるぞ。というスイッチ。

こっちの方が色んな意味で長続きしますよ。

起業家の人とかも、新しいサービスで、皆をハッピーにしたいと思いでやっているから、辛いことも乗り越えて継続して活動しています。

さぁ何かをはじめようと思ったとき、それは誰かを驚かせるぐらいのハッピーですか?

今日から7月。皆さんも誰かを驚かせる何かをはじめてみてはいかがでしょう。

そっちの方が長続きしますよ。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-コラム
-,

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.