誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

おもかげ 浅田次郎さん著書 定年の日倒れた男の一生とは何だったのか。

投稿日:

定年を迎えたとき、あなたは何を思うのか。

家を守ってくれた妻への感謝から、旅行を計画するだろうか。
まだ出会ったことのない、孫の顔を思い浮かべるだろうか。
老けた幼なじみと最後のイタズラ(遊び)を考えるだろうか。

きっとそれは、あなたが歩んできた道とこれから歩むべき道について、考える瞬間なんだろうと思う。

一人の男が定年を迎えた。

大手商社に務め、晩年は子会社に出向し、役員として会社員人生のピリオードを打った。

出向と聞けば、都落ちのイメージは拭えないが、トップになれるのは一人だけ。まして大手商社の社長ともなれば、同期から社長になる者すら現れない世界だ。
それを思えば、子会社の役員として最後を迎えられたことは、順風満帆な会社員生活を送ったといって良いだろう。

そんな男の自慢の一つは、同じ部署で働き、社宅も同じだった同期が社長に上り詰めたことだった。

そんな社長の元へ連絡が入る。
「男が倒れて病院に運ばれました。」

話を聞けば、定年を迎え、子会社の社員を中心に送別会をしてもらった帰り道、地下鉄で倒れたというのだ。

社長は予定を変更して男の病院へ向う。

他の社員が倒れても連絡は入らないが、同期入社ということもあって、秘書が気を利かせたのだろう。
同期で同じ部署。同じ社宅とくれば、普通の人が知らなくて良いことをお互いに知っている。そんな間柄なのだ。
本来なら時間を割いてでも送別会に顔をだすのだが、親会社の社長と子会社の役員では忙しさも違うだろうと、男の方が呼ぶのを遠慮したらしい。

病室には男の妻が付き添っていた。
社長は奥さんの存在にも気づかず、男に問いかけるが返事がない。
この時、目を覚まさぬ男の面影をみながら、何を思ったのか。

ふと気づいたとき、奥さんの存在を知るが、奥さんは覚悟を決めているようだった。

予定の時間が差し迫ってきたので退室しようとすると

奥さんから
「社長が同期の誇りだっていつも言っていましたよ。」
社長は後ろ髪を惹かれる思いで次の予定に向ったのだ。

その頃倒れた男は不思議な夢をみていた。
本人は、夢なのか現実なのか区別がついていない。

妻の友人だろうか、一度も見たことのない婦人が御見舞に来てくれている。
傍らには疲れ切った妻が寝ている。

ベッドで寝続けていた男はお腹が空いていた。

妻を起こしてはかわいそうと、なぞの婦人から食事に誘われる。
気にもせず着替えて食事へと出かける男。

そっと病室を抜け出し、妻の友人と食事に出かけたのだ。

そして病室に戻ると娘婿がやって来た。

本来娘が来るはずなのだが、身籠っているため娘婿がやって来たのだ。

娘婿は何もできないが、疲れきった男の奥さんに、一旦帰るように促した。

娘婿は、目を覚まさぬ男の面影をみながら、彼との出会いを思い返している。

少し経って、娘婿の会社の親方が現れた。
この親方と倒れた男は、養護施設の幼なじみなのだ。

それを知ってか、娘婿は気を使って、そっと席を外す。

そして男はまた不思議な夢を見始めた。
今度も謎の女性が現れたが、時代は彼が生きてきた過去のようだ。

病院を訪れる者が、目を覚まさぬ男と出会ったときの面影を思い出し。
男は謎の女性と夢の中で、自分の面影を思い出す。

まさにパラレルワールドに展開する物語。
点の物語が最後に線として繋がる瞬間、一人の男の人生が現れる。

涙なしには読めない浅田文学。オススメの1冊です。

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-
-,

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.