誰かだれか叶えてくれたら嬉しいな。たまに本や食べ物、お仕事のことも書いたりします。

アイデアブログ

お仕事

肺のストレッチ。LICトレーナー。呼吸リハビリにも最適。

更新日:

以前ブログに書きましたが、男性秘書サービスのお仕事として営業課長に任命されたんです。

今日はちょっとお仕事のお話。
依頼をうけたカーターテクノロジーズ社は、医療機器の製造、販売をしている会社。
いま力をいれて販売しているのがこちらのLICトレーナー

▼LICトレーナー

どんなことができるか、簡単に言ってしまうと

「肺のストレッチ」
えええ。何々って、思いますよね。ストレッチって太ももと筋肉じゃないのって。
なぜ、肺のストレッチが必要なのかということを、このあと紹介していきます。

是非とも読んでいただき、ご理解をいただけましたら沢山の方に情報をお届けしたいので
シェアなどしていただけましたら非常にうれしく思います。ではスタート

勉強会に潜入。LICトレーナーってなんだ。

さて、2月初旬に都内で開催された、LICトレーナーの勉強会に潜入しました。その模様を早速レポートしちゃいます。なぜ、肺のストレッチが必要なのか、皆さんも一緒に勉強してください。

*******

はじめましてLICトレーナーを開発、販売しておりますカーターテクノロジーズ社です。
本日はお時間をいただきありがとうございます。
それでは勉強会&デモンストレーションを開催させていただきます。

1.LICトレーナーは一般医療機器

LICトレーナーは一般医療機器に該当します。
一般医療機器とは、安全性の高いリスクの低い機器として設計され、国の認証機関の認可を受けた機器になります。

クラスはⅠからⅣまで4段階あり
数字が大きいほどリスクが高い機器になります。

例えばクラスⅣのリスクの高い機器の例としてはペースメーカーがそうです。

LICトレーナーは、もっともリスクが低いクラスⅠに該当します。
しかしリスクが低いといっても、一般医療機器に該当しますので、使用する際には、主治医の先生に相談のうえ、理学療法士や看護師さんの指導の下、ご使用いただくよう推奨しております。

まずは、LICトレーナーは一般医療機器であるということは
皆さんの頭の中に入れておいてください。

2.LICトレーナーってなんなの

受講者
そもそも、LICって何ですか?

カーター
はい。LICって聞いたことありませんよね。まずはそこから説明します。

LICとは
Lung Insufflation Capacityの略
バックバルブマスクに一方弁がついており、患者さんが耐えうる圧で送気された空気を吸気し、患者さんの意図で呼出する換気量である。
2008年にアメリカのJohn R.Bach先生がLICを考案され、2011年に韓国のDong先生が研究報告されています。
カーター
まだわかりにくいですかね。これではどうでしょう。患者さんに耐えうる圧を肺にかけてあげて、肺を膨らませ、肺や肺の周りの筋肉のストレッチをさせてあげる方法。つまりLICトレーナーはLICを実現させるための機器ということです。

受講者
なるほど。でも肺のストレッチってなんで必要なんですか。

カーター
肺や肺の周りの筋肉が硬くなると、肺を動かせなくなるので、肺活量が落ちます。骨折したときに固定されて動かさないと筋肉が落ちてしまうイメージと一緒です。

受講者
骨折のイメージはわかりました。でも肺のストレッチはどのような患者さんに必要なんですか。

カーター
当初はALSの患者を対象としていました。しかし、肺に異常はないが、なにがしかの理由で、うまく肺を動かせない疾患、症状の患者さんに有効だということがわかってきたんです。いまはそのような患者さんも対象にしています。

ALSは脳から筋肉を動かす信号が上手く伝わらなくなって、筋肉が徐々に動かなくなる難病です。

LIC練習が適用となる主な疾患

筋萎縮性側索硬化症(ALS)
脊髄性萎縮症(SMA)
パーキンソン病及び関連疾患
ポリオ後症候群
重症筋無力症
ギランバレー症候群
ニューロパチー
ミオパチー
筋ジストロフィー
両側横隔膜神経麻痺

 

受講者
このトレーニングって、これはダメって制約とかはありますか。
カーター
はい。絶対にこれはダメということはありません。ただトレーニングのベースは空気を肺に送り込んで、肺や肺の周りの筋肉をストレッチすることなので、肺にダメージがある人や不安な人はやめた方がいいです。
カーター
またタバコの吸いすぎで、肺がもろい人が肺活量などを戻したいといって、このトレーニングをするのは意味合いが変わってきますのでもちろんNGです。

受講者
どのタイミングでトレーニングを開始した方がいいですか。

カーター
深呼吸ができにくくなったと感じたタイミングが一つです。あとはパーセントVCでみると80パーセント以下が一つの目安になります。

カーター
筋力の状態が落ちてくると肺の状態も悪くなるので、確定診断がでるなり、早い段階からやった方がいいと、推奨はしております。

受講者
空気を肺に送るだけなら、アンビューバックとマスクでも出来るように思いますが・・・

カーター
はい。その通りです。ただ全体的に筋力が落ちてくると、喉の筋力も落ちてしまい、息どめができなくなります。結果、空気を押し込んでも、肺の中に空気が溜まりません。これではストレッチ効果は出にくいのです。LICトレーナーは本体に一方弁が入っているので、患者さんが息どめできなくても代わりに補助してくれる仕組みになっています。

受講者
どんな効果が、えられますか。

カーター
いま共同で開発した病院で肺活量の変化などのデータをとっています。数字的なことはまだ発表できませんが、患者さんの実感として、肺の奥まで空気が入ってくるのでキモチいいという感想は使用者の8割以上の人から言われています。

受講者
気管切開している患者さんにも利用できますか。

カーター
はい。先端をフレキシブルホースにしていただき、ジョイントすれば可能です。実際使用している患者さんもいます。

受講者
いままで何かトラブルは起きたことありますか。

カーター
製品はもう50台も使用されていますが、いまのところ問題はありません。

受講者
肺に空気を入れるってちょっと怖いイメージがあります。肺とか破れませんか。

カーター
安全性については、本体に安全弁が取り付けてありますので、一定の圧力しか、かかりません。


カーター
もう一つは患者様が苦しくなったら自分の意志で開放できるようにチューブを取り付けてあります。苦しくなったら指を離してもらう仕様になっています。


受講者
手が動かせない患者さんはどうすればいいですか。

カーター
手が動かない場合はチューブを外して、操作する人が指で押えるという方法で使用できます。


受講者
そうすると苦しいっというのは分かりませんね。

カーター
その場合は先生の指導のもと、肺に入れる量を決めておきます。いまはアンビューバックの押す回数を何回と決めて使用していただくことが多いです。

LICの使用前の注意事項

カーター
LICを買っていただくと、本体とチューブがセットになっています。
受講者
アンビュバックとコネクター類はついてないんですか。

カーター
すでにお持ちの人もいますので、ない人は別途購入いただかないと使用できません。

▼LIC 本体とチューブ セットになっています。

カーター
まずはじめに安全弁のチェックをしてください。指でバネを押して戻ってくればOKです。

▼安全弁のチェック

受講者
ところで、どれぐらいの圧力で開放されるんですか。

カーター
60cmH2Oで設定されています。

LIC組み立て方法と動作について(マスクを使用する場合)

****
勉強会の動画はありませんので、ここからは一連の流れをご紹介します。
デモの動画についてはこのページの最後に、カーターテクノロジーズのYOUTUBEチャンネルのリンクを貼っておきますので
ご参照ください。
****

今日は基本のマスクを取り付けたタイプで説明します。

IN =アンビューバックの取り付ける

Out= はコネクタを使ってマスクを取り付ける

▼カーターテクノロジーズ社製作 パンフレットより

気管切開している場合は、マスクではなくフレキシブルチューブを付けて使用してください。
この辺(OUT側)は患者さんに合わせて使用できます。

呼吸ラインと呼んでいるチューブを手が動く患者さんであれば持ってもらいます。
苦しくなったら離してもらうと空気が逃げます。

手が動かない場合はチューブを外して、操作する人が指で押えるという方法でお願いします。
入り口付近に内蔵の一方弁が入っています。

この弁が付いていることによって、こっから先で空気をキープしてくれる構造になっています。
これによって喉の筋力も弱っている患者さんも空気をキープすることができます。

LICは陽圧で肺を広げるので空気がキープできないと意味がありません。
漏れちゃうと肺が膨らむ前に空気が抜けちゃうので、うまくストレッチができません。
風船を肺にみたてて膨らませてみます。ぶー。って鳴ったのわかりました空気が抜けてる証拠です。
安全弁がはたらいて圧を開放しています。

でも実際に60cmH2Oを掛ける前に、苦しくなってチューブから指を離してしまいます。
目安としては30cmH2Oぐらいで苦しいと思います。

オプションですが、マノメーターを取り付けて管理しながら陽圧していただく方法もありだと思います。
▼マノメーター

あと流量計をセットしていただくと肺活量を測ることもできます。
ただ高額なので一般の方で購入される人はいません。

動作としては

  • 送る
  • キープ
  • 抜く

とシンプルな動きを繰り返していただきます。

▼カーターテクノロジーズ社製作 パンフレットより

 

勉強会の模様をレポート致しました。

ご紹介したものは医療機器になりますので、ご興味がありましたらまずは主治医の先生にご相談ください。

内容につきましては、正確性を欠かないようお伝えしております。一部表現に誤りが見つかった場合は直ちに修正致します。

カーターテクノロジーズ社のYoutubeに情報が載っております。こちらも参考してみてください。
まだまだこれからのトレーニングなので知らない人も多いです。当ブログをシェアなどしていただけましたら非常にうれしく思います。

また肺をストレッチするという部分では、アスリートや声優さんなどの呼吸トレーニングにも役立てるのではないかと思っております。
通常呼吸のトレーニングは吐くことが多い。吸うトレーニングは、それほど負荷をかけられないので、肺のストレッチになっていない場合があります。興味がありましたら、まずは弊社までお問合わせください。

▼カーターテクノロジーズ YOUTUBEチャンネル こちらもシェア頂けましたら、非常にうれしく思います。


カーターテクノロジーズホームページ

The following two tabs change content below.
TKAgent

TKAgent

MOT(技術経営修士)取得後、9年勤めた会社を退職し、現在はフリーランスの営業・業務代行として活動中。 特許のライセンス契約(締結先)など、ちょっと小難しい内容から、ホームページ製作やカタログなどの販促物まで、営業や販売に付帯する一連の仕事を請け負っています。 Blogは好き勝手なことを書いています。本や食べ物、時々お仕事の話がでてきます。
TKAgent

最新記事 by TKAgent (全て見る)

koukoudate1

koukoudate1

SNS

よかったら。フォローお願いします。

    TKAgentをフォローして最新記事をチェック!

-お仕事
-, , , ,

Copyright© アイデアブログ , 2019 All Rights Reserved.